障がいがあってもカヌーを体験できますよ~!


カヌーに乗り込む様子

大分県犬飼町に「リバパーク犬飼」という施設があるのをご存知ですか?

そこは、サッカーや本格的なカヌーレース(スラロームやワイルドウォーターなど)も開催されるアウトドア施設なのですが、この度数年ぶりにカヌーを漕ぎに行ってきました。(流れも穏やかで、ため池のようなエリアが会場)

体験場所カヌーを体験した場所

ここには、今吉さん(上級指導員)や河津さん(中級指導員)など、指導者協議会関係の方も定期的に足を運ばれていて、今回の機会を作っていただいたのも…また、現地で色々とサポートしていただき助かりました。

今吉さん今吉さん(写真左端)

河津さん河津さん(写真左から2番目)

私だけではなく、初心者(障がいのある女の子も)数名で参加させてもらったのですが、みな楽しいひと時を過ごせました。

パドリング講習入水前のパドリング指導

特に、障がいのある女の子は、普段なかなか体験できない水上での時間を満喫して良い表情をしていました。

笑顔カヌー乗った瞬間

水上の様子②いざ!水上へ~

さて、今回このような機会を作っていただいた今吉さんですが、これまで障がいのある多くの人を、ここでカヌー体験してもらってるそうです。下肢障がいの車いすユーザーや、半身麻痺者など障がいの種類も多岐にわたり、それぞれが楽しめるよう色々とアイデアを絞っているとか!

パラカヌーがパラリンピックの正式種目となり、車いすの女性がリオへ日本代表として出場する今年…障がいのある方(健常な方も)、カヌーに乗ってみませんか?もちろん競技として取り組まなければならないわけではありません。まずは、非日常の水上世界に癒されてみては!

パラカヌーがパラリンピックの正式種目になるのはリオが初めて!(旧サイトより)

東京パラリンピック・パラカヌー紹介ページ

興味のある方は、私…ではなく、今吉さんへ連絡をお願いします。
今吉さんのメールアドレス→ sido1@ooitamejiro.jp

久保 しのぶ (上級障がい者スポーツ指導員)

以下、写真集です。

いざ!

乗り込みの様子②

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。